OB&OG 2004 Live in SITE KOBE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハードロックと共に現代(いま)を生きるバンド 奇跡の記録