はせっち日記ログ

【書くぞ!ギルトフォー】
2005年01月30日01:51
止まる事無く走り続けるオレ達四人でギルトフォー。
2月5日のライヴに向け!
今月最後の日曜日も、いつもの尼崎でスタ練です。

スタジオにドラムのペダルを持って行くので車です。
前回の練習は電車で行きました。
時間遅いけど、終電無くなったら
家まで送ってくれるとギタリストなおやん。
なら安心と練習後のんびり雑談してたら、
市営駐車場に停めてたらしく営業終了時間忘れてたらしく、
愛車「黒王号(トヨタエスティマ)」は閉じ込められてしまった。
結局皆でタクシー。

昨年末からヴォーカルのアニキが仕事で忙しく、
ずっと練習に不参加なので心配です。
いつも練習日の調整には苦労します(ゆういちが)。

<ある日のスタ練後の会話>

ゆういち:「次の練習、再来週の日曜はどうすか?」

アニキ:「ん?それ何日や?・・・・・・ああ仕事や。
イラン人の通訳がその日しか空いてないからアカン。
土曜にしてくれ」

ゆういち:「じゃあ土曜。なおやんどうすか?」

なおやん:「今週剣道やったから体アチコチ痛いのよ~
僕てアゴちょっとシャクレてるから、
面をしっかり被ると口が開いてしもて」

ゆういち:「・・・・・・(人の話聞いてないな)はせっちは?」

はせっち:「んあー。いつでもいいよー」

ゆういち:「そうすか。
(この人掛け持ちだらけで
忙しいんちゃうかったか?
自分の予定覚えてるか?)」

そんな調子で練習日は決められ、

ゆういち以外の誰かが遅刻したり
ゆういち以外の誰かが仕事を思い出して来れなくなったり
ゆういち以外の誰かが練習後家に帰れなかったり
ゆういち以外の誰かが体調崩してスタジオでゲロ吐いてたりするのでした。

ギルトフォー次のライヴは2月5日。がんばるぞー

【ヘッドセットマイク購入】
2005年02月12日00:34
インターネットのカード決済で、
SHUREのWH20というヘッドセットマイクを購入!
本日宅急便で到着。

これで、ギルトフォーでドラム叩きながらコーラスするのだ。
叩いている時はそれだけで精一杯、まともに声なんか出ない・・・
と今まで歌わなかったのに、突然自己啓発を思い立ちました。

13日の日曜にはギルトスタ練です。
投資してしまったからにはもう後戻りは出来ません。
ロマンティックが止まりません。

と、ここまで書いて気付きましたが歌詞を覚えなきゃ。
自分が歌うトコだけは。そりゃそうだ。

ああもうメンドくさくなって来た・・・

【組長】
2008年12月08日23:08
僕は神戸のOB&OGというバンドサークルに参加している。縮めてOBGと言っている。
2000年に設立、同年12月のクリスマスライヴが最初のイヴェント。

それから数えて8年目になる今年の8月5日に、
初期からのメンバーが心臓の病気で亡くなった。
ハイテクベーシストで音楽の知識・経験が豊富な彼は、
出来たてのサークルでは中心的存在だった。
OBGをバンドやりたい人が気軽に参加できる、
初心者にも優しいコミュニティにしたいという想いを持っていて、
実際そうなったと思う。

あだ名は組長。
存在感があって、頼れるリーダーである事
本当はとてもやさしいけど、
外見はぶっちゃけガラが悪くてちょっと怖い、ギャグも下ネタが多い事
そんなキャラを表す良いあだ名だと思う。

近年は仕事が忙しく、サークルからも足が遠のいて、
肺を痛めて入院したらしいなんて人伝に聞いたりすると
組長って結構体弱いよなぁとか話をしていた。
実は生まれつき心臓が悪くて昔から入退院を繰り返していたと、
通夜の場で聞く。
本人がずっと隠していたから、
結局知り合ってからまだ数年の僕らはそれを知らなかった。
思い起こせば練習や飲み会など色んな集まりを、
ドタキャンしたり急用で帰ったりする事が多かったのも、体調のせい。
今年も夏からまた入院、その後思いがけず容態悪化したという。

彼が、僕らよりも少し早く旅立ってしまった今年のクリスマスライヴは、
あの頃一緒にやって楽しかったふたつのバンドを再演した。
これは同窓会で、演奏やノリは学園祭みたい。OBGそのもの。

ひとつは組長がベースを弾いたヘビメタバンド。
2002年の冬に、サークルへ入ってきた高校生たちを
バンドデビューさせようと皆でコーチした事がある。
その師匠連中が、教え子の前座を務めるべく結成したのが経緯で、
中出し皮膚科というバンド名は彼が考えた。
自分の好きなヘビメタを一人一曲ずつ提案し合う、
却下は無し!というルールにしたけど、
言ってるそばからドラマーの出したメタリカは「長すぎる」と却下されていた。

もうひとつ、おつかれんこんずではプロデューサー。
コンセプトメイクや演出、技術指導など。
確かこのバンド結成の前後から組長と呼ばれるようになった。
可愛い女の子がアイドルノリで歌うから盛り上がる。
直伝で仕込んだベースの娘を、ドサクサまぎれで嫁にしてしまった。
彼女も、今回4年振りのステージに立った。まいっち!!
演奏より衣装が恥ずかしいと言うけど可愛かったし、
露出もまだまだ甘いと思った。
ヴォーカルのヒコちゃんは本物メイドカフェ衣装で、
もういい歳だが気合いが見えた。歌いながら泣いてしまったが。

当時のサークルメンバーは転勤したり音楽から離れていったりで、
参加者の顔ぶれも変わってきてる。
だから今回の再演を懐かしんでくれる観客は
少なかったかもしれないけど、
それでも僕らはやりたかったからやった。
バンドは楽しい。僕らにあったように
人生を変える出会いが、これからもOBGにはあるだろう。
僕らは組長を悼みながら、やっぱりバンドを楽しんだと思う。
喋ってばかりで練習時間の短いスタリハや、本番前の緊張や、
機材トラブルや、良かったんちゃう?みたいな達成感を。

僕らの歴史に残った組長を、また折に触れ思い出そう。

ライヴ当日、中出し皮膚科のMCでボソボソと話した事。
何が言いたかったのかを纏めようと思い、ココに書きました。

OB&OGクリスマスライヴ2008
12月7日(日)神戸三宮アーバンスクウェア

<中出し皮膚科>
はせっち(Vo)やを(Gt)やっち(Ba)ごんちゃん(Dr)
1.Aces High/Iron Maiden
2.Stone Cold Bush/Red Hot Chili Peppers
3.Smells Like Teen Spirit/Nirvana
4.Burn/Mr.BIG

<おつかれんこんず>
ヒコちゃん(Vo)よねっち(Vo)ひめちゃん(Vo)なかさん(Gt)まいっち(Ba)ねえさん(Key)ごんちゃん(Dr)
1.愛のしるし/パフィー
2.Heaven’s Kitchen/BONNIE PINK
3.カブトムシ/aiko
4.ちょこっとLOVE/プッチモニ
5.BABY!恋にノックアウト/プッチモニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。