アニキのブーツ

今日は、アニキのブーツについて手短に話すよ。すぐ済むから。

まず、コレがアニキですが

ちょっと今撮って!と言われて撮った写真。ライブの時、これからステージに向かう基本的なスタイルだから是非ご披露したいんだって。フェイク防弾ベストにポケットとかいっぱいあって、色んなグッズが装着できるよ!かっこいいポリスバッジとか。ステージで非常時に、メンバーへ合図を送るミニライトとか。
いや、そんなことはどうでも良くて、履いているブーツについて。

こんなに長いブーツです。なんかゴミが付いてるね
ジーパンにインしてるから、こんなに長いとは分からない

それはそうと、右手に持ってる小袋には何が入ってるんだろう。
「お昼休憩に行くOLさんのような」と自分で言ってたけど、弁当?

ちなみに、尋常じゃないほどの福耳に取り付けられているのは最近導入したイヤーモニタ用イヤホン。いいよコレ!バンドの爆音に悩むヴォーカリストにはおすすめです。
ただ、そんなことはどうでも良くて、アニキのブーツについて。

こういう道具を一緒に持ち歩きます

ブーツジャックと言って、本場もののブーツはこういうのを使って脱ぐ。こういうのがなかったら脱げないそうです。

こうやって脱ぐ。居酒屋で座敷に上がる時も。

アメリカンな本場のウエスタンブーツらしいよ。最近は流通量が減って値段も上がってきてるって。凝り性だなー

でもちょっとでも脱ぎやすくしたいから、特注でジッパーをつけて貰ったんだって

本格派でありながら、利便性に配慮してカスタムする柔軟さも備えているアニキだよ。ジッパーはこの辺までしか付けられなくて、結局ブーツジャックは必要なんだって。

やはりロッカーはスタイルにこだわらないといけない!というお話でした。
では最後にギルトフォーメンバーの最新ショットをお届けしましょう。またね!

豪雨でびしょ濡れになってテンション爆上げのギルトフォー。シュウはどこまで大きくなるんだろう…怖い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください